尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


旅はじめの、別れと再会
Turkey
トルコ<エディルネ編②>

ディララ邸
2007年9月5日(水)


イスタンブールを18:00に出発。

バス車内では出発してすぐに、紙コップとコーヒーが配られた。

外は真っ暗に広がる草原と、空の暗闇におされながら落ちていく夕日で、
少し心細くなった。

にぎやかな家族を思い出しながら。

パールヴィンままたちと


予定ではエディルネ(Edirne)には20:30到着。
都心のイスタンブールを抜け、ギリシャ、ブルガリアに近いエディルネへは、
特に渋滞のようなものはなかったのにもかかわらず、
30分遅れでエディルネのバスターミナルへ到着。

バスの窓から1ヶ月半ぶりの再会となる、ディララが待っていてくれた。

たった3時間一人になっただけなのに、
心寂しかった私は、バスから駆け下りて、ディララのもとへ走った!!

「Welcome to Edirne!!」

トルコ人の挨拶、ホッペを交互に2回あわせて、ディララと抱擁。

「バスはなんで遅れたの??」
と聞かれたけど、わかるはずもなく・・・。

ディララはパパと一緒に迎えてくれた。
ザックをパパが持ってくれ、車へと向かう。

ディララに彼女のボーイフレンドが迎えに来てくれた、ありがとう、と伝えるとディララは、
「無事に会えてよかった、家族にはボーイフレンドのことは内緒ね!」

ディララは19歳、ボーイフレンドは29歳(くらい)ってことで、
家族には内緒らしかった。

ディララとヴァレッタ


そういえばまだディララはまだ19歳・・・!
彼女はトルコ人にはめずらしい、ブロンドヘアの持ち主。
エキゾチックな外見なのに、真面目で、面倒見がいい。


マルタ在住時、19歳のクレイジーロシア娘にうんざりして、
「19歳やから仕方ないか・・・」とあきらめ声で言ったとき、
ディララがとなりで、
「私も19歳だけど、そんな振る舞いはしない!」
と言ったことがあったなぁ・・・。


そんなことも思い出しながら。
パパの運転で、ひとまずディララの家へ向かう。

ディララの家は、近代的で新しいマンション。
周辺の道路は広く、郊外の新興住宅地っぽい。
イスタンブールのパールヴィン邸とはガラっと変わった雰囲気。


スカーフを頭に巻かない近代的な服装のディララのママが笑顔と大きな声で家に迎えて入れてくれた。
共に、恥ずかしげに顔を見せた、ぽっちゃりめの弟、
日本語を勉強しているというディララのいとこも一緒に待っていてくれた。


ディララの家も、やはり日本と同じように靴を脱いで入る。
でも日本のような、玄関と廊下を隔てるような段差や仕切りはない。
入ってすぐに靴を脱いで、下駄箱へしまう、といった感じ。

そこもまた、来るまでは知らなかった、
親近感のわく、トルコの文化。




スポンサーサイト
トルコ | 2008/06/23 22:10 | コメント(0)


イスタンブールから次の町へ
Turkey
トルコ<エディルネ編①>

2007年9月5日(水)
イスタンブールを出て、エディルネに向かう日。

エディルネには、マルタで同じフラットに住んでいた、
ディララ(Dilara)が家に招待してくれることに。

パールヴィンと彼女のボーイフレンドが、エディルネ行きのバス亭のある駅まで送ってくれた。

そして、なんとディララのボーイフレンドがイスタンブールにいるということで、
わざわざ駅まで迎えに来てくれ、パールヴィンカップルと共に見届けてくれた。
バスに乗れるまでの10数分のために・・・!

ディララの彼氏とは、マルタ在住時、
テレビ電話をしているディララに紹介してもらい、
MSNメッセンジャーで顔を見たことがあっただけ。

にこりともしない怖そうな人・・・という印象だったけど、
出会ったときに見せた、笑顔が印象に残った・・・。

ありがとう、パールヴィンとボーイフレンド、
ありがとう、ディララのボーイフレンド。


エディルネ行き


18:00イスタンブール発、エディルネ行きのバス乗車。

料金は18YTL。
1YTL=98円くらいだったので、1800円くらい。

バスに乗り込み、窓から3人に手を振ったら、
すぐにバスが発車した。

エディルネへ向けて。





トルコ | 2008/06/22 22:12 | コメント(0)


イスタンブール最終章
Turkey
トルコ<イスタンブール編⑪>

ついにイスタンブール編、最終章となりました。

他にも長女夫婦の家に行ったり、
いろんなことがありましたが、とにかく食べて、人に触れたイスタンブールでした。

うるるん


パールヴィン宅は裕福です。
なぜなら父親が工場のシャチョーだからです。

パパたち
一番右がパールヴィンパパ。
左二人が兄、女の子はいとこ。


若い子向けの洋服を作る工場です。
なのでお土産にと、いっぱい服を頂きました♪

もちろん荷物は最小限のバックパックでの旅。荷物は持っていけないので、
トルコから日本に送ったはずが、無念ながら届かず・・・。

ということでトルコのお土産がまったくありません(泣)

兄はその工場のデザイナーはミシンで服を縫う。
家族と多くの従業員が一丸となって働いてました。

工場のなか


ウィキュと
パールヴィンの姉のウィキュと


兄に会ったパールヴィンが、兄からおこずかいをもらい、言った一言。

「He is my bank! (彼は私の銀行よ!)」

うらやまし~。

トルコの家族は仲がいい。
子供たちは、妹や弟の面倒をよく見、外で元気に遊ぶ。
そして英語が話せなくともガンガン喋りかけてくれる好奇心と行動力。

外で遊ぶこども
外で遊ぶ子供たち


日本のように電気製品やゲームに溢れてはない。
大事なことを、昔から受け継いで、守ってる。


近所の商店街
近所の商店街


大都市イスタンブールは、人々が活気あふれる町でした。


何から何までお世話になったパールヴィン一家に感謝!!

トルコ | 2008/02/19 00:15 | コメント(0)


トルコのスイーツ♪
Turkey
トルコ<イスタンブール編⑩>

観光が終わるとパールヴィン本宅へ帰ります。
夜のブルーモスクのライトアップがキレイだってことで見に行きたかったけど、
「家に帰って親族にあいさつまわりだから間に合わない。」
そういわれてしぶしぶ諦める・・・。

さんざんお世話になっておきながら、
旅は一人じゃないと、行きたい場所へ行けなくなるのも事実。

そのかわりにお宅訪問は、普通じゃできない体験ができるんやけどね!!


少し帰りが遅かったこともあり、小さなキッチンで食事。

ばんごはん


今夜のメニューは、

①トマトときゅうりのサラダ

②きゅうりのヨーグルトあえ

③鶏肉とグリーンピースの煮込み

④牛肉の煮込み

⑤サフランライス

⑥パン

あいかわらず、めっちゃおいしいです・・・。
壊した胃のまままた食べる・・・。

料理をしてくれたのは、パールヴィンの兄嫁さん。
この夫婦の子供はめっちゃシャイで写真にうつってくれません・・・ザンネン。

兄夫婦と


でも、日本の紙風船をあげたら遊んでました♪

食後はもう一人の兄の家へ。

こちらの女の子はひとなつっこくて、おねーさん。

女の子1


お母さんのすることをマネしたくて、
大きな人形をかかえてきて、妹のように扱う。
きっと世話焼きのお母さんになるんやろうな♪

おんなのこ2


おんなのこ3


さすがに食事の時間じゃなかったものの、(ほっとした笑)
チャイおやつが出されます。(嬉しいような・・・つらいような・・・)

そのおやつの中に、トルコの有名な、
バクラバ(baklava)と、ロクム(lokum)が♪

バクラバとは、パイ生地を重ねて、その間にあいだにきざんだナッツ類を散りばめ、シロップ漬けにしたものです。そら、もう、甘いのなんの。

ばくらば

バクラバ

ロクムとは、日本のゆべしそっくり!!
カラフルなゆべし!
もちもちしてて、ナッツが入っています。

ロクム

ロクム

そしておやつと常にあるのがチャイ
トルコのチャイは、ミルクを入れずに、砂糖の塊を2つ3つ入れて飲みます。
なひとは、砂糖をかじりつつ、チャイを飲んでました。

甘いおやつ甘いチャイ♪

私は激甘のおやつも好んで食べるタイプなので、
たまりませ~ん♪
止まりませ~ん♪

またも胃の調子を忘れて食べてる・・・。
そんな食べてばっかりで治るはずもなく(泣)



トルコ | 2008/02/18 05:56 | コメント(0)


乙女の塔(クズクレシKiz Kulesi)
Turkey
トルコ<イスタンブール編⑨>


朝食に引き続き、ケバブでなおもお腹を満たし、
向かった先は、乙女の塔。


乙女の塔とわたし



ボート乗り場のそばでは、ブルーモスクの周辺の露天でよく見かけた、
スィミット(ごまのついたパン)はここにも。
(さすがにここでは食べてません!!食べすぎ・・・)

スィミット



小さな船で乙女の塔へ向かいます。


ボート


ボートの中
結構乗る人がいます。



ボスポラス海峡に浮かぶ、12世紀に建てられた乙女の塔は、
刑務所や灯台として使用されていたそうですが、
いくつかの伝説があり、その中でも有名なのがこれ。

王女が蛇にかまれて死んでしまうと予言された王が、海の上なら安全と、この塔を作り、王女をそこで暮らさせた。しかし、荷物に蛇が紛れ込み、王女は噛まれて死んでしまった。

そして、乙女の塔と名づけられたそうです。


乙女の塔


この塔はほんまにちっちゃいですよー。
中は現在レストランが営業しています。


塔とかっぷる


小さい塔やけど、海の真ん中なので気持ちイー。


塔とモスク

古い町並みのアヤソフィアとブルーモスク側



新市街

新しい町並みの住宅街



トルコ | 2008/02/14 22:42 | コメント(0)



 +  OLD >


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages 3


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。