尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


買い物するならサンデーマーケット
マルタに来てすぐに私がハマッた二つのサンデーマーケットがあります。

ヴァレッタ①


その名の通り、日曜日だけー。そして午前中のみ。(午後1時くらいまで)

がらくた



マルタのほとんどのお店は日曜日は休みになるので、
日曜でも買い物できるサンデーマーケットは貴重。

ヴァレッタ③


マーケットには様々な物が売られていて、
服、靴、サンダル、ベルト、カバン、下着、水着、土産物、キッチン用品、食品、家具、本、DVD、家電製品、電池類、CD-R、DVD-R等、とにかくなんでも!!

CD


CD-Rは、自分のデータ保存用はもちろん、マルタで友達と一緒に撮った写真を友達にプレゼントしたりするって事があるので、買う友達も結構います。


ヴァレッタ②


そんなん誰が買うねん・・・って物も置いてたり。


がらくた②



くだらんガラクタもあったりするけど、全体的にとにかく安い!!!
ひやかして歩くだけでも楽しい。

露店ってわくわくするわ~。



ヴァレッタサンデーマーケットは、マルタの首都ヴァレッタのバスターミナルのそば。
サンジュリアンからヴァレッタまでバスで約30分で、気軽に行きやすい場所!

衣類やサンダルなど安くてかわいいしサイズも豊富(特にでっかいサイズが)なので、
日本からそんなに衣類持ってこなくてもよかったなーと思いました。
カラフルな色が好きな私には、ヨーロッパで売られている鮮やかなカラーの服が欲しくてたまらーん。


マルタの船



もうひとつはマルサシュロックサンデーマーケット。

マルタの首都ヴァレッタから27番(or 427,627)のバスに乗って約30分。
マルタの南東に位置するマルサシュロック(MARSAXLOKK)

マルサシュロック①


マルサシュロックは漁村で、ヴァレッタのサンデーマーケットで売ってるような衣類はもちろん、野菜やフルーツ、魚が売ってる!

さかな②


さかな①


動物まで~。

マルサシュロック鳥


マルタの名物料理のウサギも売られてます。
果たして食用か、ペット用か・・・。

マルサシュロック野菜



野菜は1キロ=1LMが多く、グラムで量り売りしてくれます。


フルーツ②



もちろんフルーツも量り売りあり。


フルーツ①


フルーツもいろんな種類があるようです。
私は冒険しないタチなのでよく知らないけど・・・。
りんごはちょっと評判悪いかな。ちょっとパサパサしてるって。


とまと


ヨーロッパのトマトは日本と違って真っ赤で甘くておいしい!!
見てるだけでジュルッ、とね。なるよー。


マルタではヒールのある靴はいらないっ
と思ってビーチサンダルとスニーカーだけしか持ってなかったけど、やっぱおしゃれしたくなるよね女の子なので、一応。

ってことで買ったサンダルなんと約800円!!!
やっす~。

サンダル


スカートも安いぞー。

スカート


日本にいる時は、水着なんて2着あっても余分に感じたのに、
こっちで2着も追加購入しちゃったよ。

だって安いしかわいいんやもん・・・。


びきに



そんな具合で買いすぎちゃうんやね~。


マルサシュロックで





以下少ないながらも、マーケットで買った物、聞いた参考値段。
(2007年8月現在 1LM=400円の計算)

・野菜

 卵(小)30個で25c=100円

 たまねぎ(大)2個25c=100円


・衣類

 デニムミニスカート 4LMくらい?忘れたけど安かった。
 
 レギンス 2~2.5LM=800円~1,000円

 リゾートちっくなロングスカート 6LM~=2,400円~

 キャミソール、タンクトップ 1LM~3LM=400円~1,200円

 水着 4.5LM=1,800円

・靴、サンダル等

 スニーカー 1LM~5LM=400円~2,000円

 ビーチサンダル 1LM~5LM 400円~2,000円

 スリッパ(部屋履きにできそうな軽いの) 1LM=400円

 サンダル 2LM=800円

・CD-R20枚 1LM=400円


店によって、同じ商品なのに値段が違うことはよくあるので、
値段を確認するといいです。




スポンサーサイト


蚊が多い!
マルタの蚊は、めっちゃ厄介です。

日本の蚊と比べて、かまれた後のカユミがなかなか引かない。

おかげで手足いたる所に、いつまでもかまれた後が残っています。


私の体験上、3週間に1週は大量発生してる・・・。

めっちゃ蚊発生してるなぁ、と思えば。

あれ?最近かまれへんなぁ、と思ったり。


もちろん蚊取り線香も、ベープ蚊取りマットも、いっぱい売ってます。(マット式・リキッド式・携帯式と一通り。)

私、蚊取り線香(ぐるぐるうずまきの)って日本だけかと思ってたけど、今や世界中にあるんやって!


しかもガイアの夜明けでも特集されてた模様。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview060725.html


でもにおいがキライな人が多いから、蚊取り線香の使用はほとんどできなーい。
あのにおい好きなんやけどなぁ。

ラベンダーとかの香り付きのも売ってるけどね。


こっちの蚊取りマットがまた強力で、
部屋に点けてしばらくすると・・・

弱った蚊がふらふら~、ぽとっ。と弱って落ちてきたり、

ある日はベッドに3匹くらい落ちて死んでた!

めっちゃ強力やん!!

でも残念ながら私が使用しているのは、
コンセント式のもので、ポータブルではありません。

ほんま一回蚊にやられると、一週間は痒みが続くし、
モスキートキラーを持ち歩きたいところやけど・・・。

ポータブルモスキートキラーが売ってなーい。(´・ω・`)
あるにはあるみたいだけど、なぜかレフィルのみ。

本体が売ってなくて、ネットで調べたら3,000円くらいするし!!ありえん・・・


もすきーときらー

£12.99

蚊を好きな人はいないと思いますが、
蚊が大嫌いで、マルタに来る人は、ポータブルのモスキートキラーを持ってきたほうがいいです。

コンセント式のものは容易に手にいれられます。

ほんっまにマルタの蚊は大変やから!!(´Д⊂グスン



共同生活は大変・・・
マルタに来て2ヶ月以上たちましたが、
寮での共同生活は大変です。

私の通っているECスクールにはいくつか学校寮があり、
ECスクールが契約して一般アパートを借りてるって感じ。

それぞれのメリットデメリットがあって、
学校から近い・遠いとか、キレイ・汚い、広い・狭い。

きっちん


私の寮は、バレービューというアパートで、
マルタのスウィーキ(マルタ人はスウィーイと呼びます)という場所にあり、学校まで徒歩10~13分。

その名のとおり、谷沿いにあり眺めはGOOD。

ばるこにー


行きは下りなので早いけど、帰りは坂道が続くので大変です。
気温が40℃を超えた日々は、ひたすらうつむいて汗だくで帰ります。

その代償か、アパートは無駄に広く、綺麗~☆

私のアパートは5階あって、
各階に4~5部屋あり、それぞれ最大8人~10人が住むことになります。

来た初日は廊下の広さにびびりました。
なんじゃこら~って。

りびんぐ


バルコニーも広くて、1階から5階までが階段状にあるので、
バルコニー越しに友達と会話したりするのが楽しかったり♪


そう、寮のメリットは、友達がたくさんできるということ。

若いめんばー
左からトルコ人、日本人、スウェーデン人、韓国人


リビングにいると、誰かが来ておしゃべりしたり、
テレビ見てたり、宿題してたり、コミュニケーションがとりやすい!

なのです~ぐ人が人を呼んでパーティ状態になります。

自分が楽しんでるときは楽しいんやけど、
他人がパーティやるとうるさいんだなーこれが。

それに今留学に来てる子は全体的に10代後半から20代前半。
それに留学させてもらえるだけあって、お金持ち多数。
なので、基本的に家事が苦手なようで、
食器を洗うとか、テーブルをフキンで拭いて綺麗にするとか、
出来ない子が多いです。

もちろんちゃんと綺麗にする子もいますが、

日本人からすると、欧州人は雑すぎ!!
欧州人からすると、日本人は細かすぎ!!
なんやろーけどね。

そういうナショナリティの違いから、
大人数での共同生活はうんざりしちゃいました・・・。

人の買った食べ物を勝手に食べるとか、
リビングに洗濯する前の服を脱ぎ散らかすとか、
(なぜ自分の部屋で着替えない??)
共同のバスルームなのに私物を大量に置いて、ハブラシが置けなくなるとか、
バスルームが水浸しだったり、靴のせいでドロだらけなのに掃除しないとか、
(なぜかトイレの足元にブラジャーが落ちてたり)
トイレットペーパー買わずに人のしか使わないとか・・・。

おかげで小さい冷蔵庫にあふれていた食料品が、
今やすっかり最小限の食料品しかなく。

そう、勝手に食べられるからみんな買わなくなった!!

れいぞうこ②
ガラガラになった冷蔵庫

あまりにも酷かったので、黙ってるわけにいかず、
冷蔵庫を部屋ごとにセパレートして、
自分の物意外は食べるな!!と張り紙を作りました。

れいぞうこ①


被害は私だけでなく、犯人は手当たり次第の模様・・・。

トイレットペーパーも、初めはそれぞれ自分の分を置いて、
基本的に自分の買ったペーパーを使うという、
信頼のもとに置いていたものだけど、
今や誰もペーパーを置かない・・・。
自分の部屋から持っていくしかない状況。

私もさんざん物を食べられ、盗られて、毎日不快な思いをしました。
7人それぞれに私の『塩』知らない?と聞くのも大変。

それもこれもある一人のロシア人の問題児が来てから。

彼女は学校に行かずに、毎晩夜遊びにだけ外出し、生徒以外の男を連れ込んだり。

朝起きて、部屋の戸を開けて、ドレッドヘアの男が立ってたときはびびった!!

これじゃあ、部屋のドアにカギがない私たちの部屋は、
泥棒に好き勝手やられても、泣くことしかできない。
(各階の入り口のドアにはカギがあるけど、部屋にカギはありません)

学校のスタッフに彼女をどうにかしてくれ、
いつ部屋のものを盗られてもおかしくない!
と相談しても、

「まだ部屋のものは盗られてないんでしょ?」

で終わり。
起こってからじゃ遅いんだっつーの。

ちなみに彼女の部屋に、シェアメイトとして新しく入居した生徒は、
一日も耐えられず、泣いてスーツケースを抱えてどこかへ行ってしまいました。

そう、問題児はシェアメイトが寝ている間に男を連れ込んだ!!
何をしてたかは、泣いていた彼女を見て想像がつく。

問題児に、なんでシェアメイトがいるのに男を連れ込むんだ?
って問いただすと、
「だってシェアメイト寝てたんだもん」

水を買わない問題児に、なんで自分の水を買わないって聞いたら、
「だって重くて持てないんだもん」

あなたの毎日飲んでるお酒のビンと同じ重さなんだけどねー。
と思ったものの英語が出てこなくて言えずじまい。

あきれてものもいえません。

アパートを変わる事も考えたけど、
一人の問題児のために私が動くなんてヤダ!!

それに私のシェアメイトとは上手くやってるから。

それに、他の階の友達の部屋に遊びに行って、
自分の部屋に帰るのにたった20秒で帰れるお手軽さ!


VV
左から日本人、トルコ人、イタリア人、スウェーデン人
このメンバーの時が一番平和だった・・・




憧れの寮生活。

その憧れの寮生活も、多すぎる人数では問題が多すぎる。
ただでさえ違うナショナリティ。

男の子だけの階はもー、悲惨だそうです。

もう二度とできない寮生活だから、嫌な事は忘れて、もーちょと楽しみま~す!




シチリア、憧れのタオルミーナへ
2泊3日でイタリアのシチリアに行ってきました。

マルタ、シチリア往復のフェリーのチケットが約16,000円。
この値段でイタリアに行けるなんて感激・・・

日本からシチリア行こうと思ったら、5泊くらいで安くて15万。
そんなシチリアに2泊3日で行けるなんて!!

シチリアってイタリアやで!?
初イタリアよ、初いたりあ。

マルタからシチリア(カターニア)まで、フェリーで4時間。
これまた実感のない近さ。


フェリーきっぷ①


フェリーキップ②



さらにさらに。
宿泊費はなんとタ~ダ!!

というのも、マルタで知り合ったアルバニア人の友達が、
シチリアの大学生で、学校寮に住んでいるから、
空いている部屋に泊まらせてもらいました♪

あるばにあん


覚えてますか?『留学マジック』で紹介したアルバニア人の二人です。
アレクサンダーとシャバン。


フェリーはカターニアで降りたのですが、
イタリア語の話せるアルバニア人の友達迎えに来てくれてなかったら間違いなく、フェリー乗り場から外へ出れなかった!

ほんま、まさに港~って場所で、コンテナがいっぱいあって、
どこへ行けばこの港から出られるのかもわからないくらい。

それにイタリア語さっぱりわかんないしさ。

その上電車なんて乗れないって。
キップすら買えないもん。


走るシャバン


電車に乗り遅れそうになって走る友達。
のんびり写真を撮る私w

カターニアの町の印象は・・・。
汚いです。残念ながら。

マルタとは建物の高さが違うなーと思ったのと、
車やバイクの交通量。

なによりバスのハイテクさ。

ハイテクって言っても電光掲示板で行き先表示してるってことだけだけど、マルタのバスには行き先表示はなし。

マルタのバスには、電光掲示板の代わりに、
番号だけが表示されてて、それぞれ行き先が決まってる。
バスルートマップを調べるか、バスの運転手に聞かないと、
一見じゃ行き先全くわからないから。
おまけにバス停の名前すらありませーん。



タオルミナの風景①



そして憧れの町、タオルミーナへ。


マルタからシチリアに来て、なんだか懐かしい感じ・・・。
そう、もちろん初めてのシチリア。

なんでかなーと思ったら、そう、

山が、木が、森がある!!!

タオルミナの風景②


マルタには山も森もありません。
尼崎にももちろんありませんが、神戸が懐かしー。

タオルミナの風景③



そんでそんで、何が憧れかって・・・
海はもちろん綺麗なんやけど、

そこは私の大好きな映画、
『グランブルー』の撮影がされた場所!!

イソラベッラ①



タオルミーナ岬の先にある4ッ星のカポタオルミーナという
ホテルのテラスレストランとプールのシーンがそこです。

イソラベッラ②


高台から望む、吸い込まれるような透き通ったあおい海。
この島は、美しきイソラベッラ。


残念ながら時間がなく、そのレストランには行けませんでした。

すぐそこに見えてるのに!!!
仕方ないです。帰りのバスを逃すと帰れないから。


タオルミナ全景


やっぱり2泊3日じゃ全然時間足りない・・・。
なので、もっかいシチリアリベンジするぞ~!!





 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages 1


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。