尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

12 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »02

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


1月のマルタの気候
ちょっと旅行日記は休憩して、たまにはマルタの近況でも・・・。

本日2008年1月19日のマルタの気温は、

最低気温10℃
最高気温17℃


となっておりまーす。
ぬっくいです♪

2007年11月、12月の方が寒かったし、
午後になるとたいてい雨だし、ひどいもんでした。

日本の正月や、一月中旬がかなり冷え込んだとか、
我が家の2匹のウェスティ(いぬ)がストーブの前から動かないとか。

そういうことを聞くと、忘れていた”冬”の寒さにおびえてしまいます。


スポンサーサイト


これからはじまるトルコ料理ぜめ
Turkey
トルコ<イスタンブール編⑤>


イスタンブールはボスポラス海峡を挟んで西側がヨーロッパ東側がアジアと2つの大陸に分かれています。

その海峡沿いは、釣り人だらけ!

つり好き

どんだけ釣り好き

どんだけ暇やねん・・・いうくらい釣り糸をたらしてます。



ラジコンうり


そしてそのすぐそばで売られていた『フィッシュサンド』をほおばる!!
シンプルながらおいし~。

フィッシュサンド

日本語で言うとサバパン。言いにくっ


食べた直後にはターキッシュコーヒーと、
ナギレまたはシシャと呼ばれる水たばこを堪能♪

ナギレ


ターキッシュコーヒーは粉っぽくて濃い味。

ナギレにはいくつかのフレーバーがあって、
パールビンの彼のオススメのカプチーノフレーバーをいただきました。


シシャすう



このときは、まさか怒涛のトルコ料理三昧が始まるなんて思ってもみませんでした・・・。



トルコ | 2008/01/18 09:37 | コメント(0)


豚肉食べない、お酒は飲む・・・
Turkey
トルコ<イスタンブール編④>


パールヴィンの彼氏も合流して、まずは有名なアヤソフィアへ。

私はもちろん初めてだから中に入るけど、
二人は行ったことあるやろし、外で待っててもらおかなーと思ったら。


なんとトルコ人は入場無料!

アヤソフィア外観

アヤソフィア外観

アヤソフィアの内部は広く、古い建物。

元々は東ローマ帝国のキリスト教の大聖堂。最初の聖堂は360年建立、
のちに何度も再建され、基本的な構成は537年に建設された当時のまま。

モザイク


壁面は多色の大理石と金地モザイク!
1453年にアヤソフィアはイスラム教のモスクとなったものの、
オスマン帝国はモザイクを破壊せず、漆喰で塗りつぶしていた。

だいぶ古いアヤソフィア


そのオスマントルコ時代に塗られた漆喰を剥がす工事が今も行われ、
東ローマ帝国時代のモザイク壁画が見ることができます。

修復中


二人とアヤソフィア




アヤソフィアを出てすぐ正面に見えるのがブルーモスク。
徒歩5分の近さに位置してます。

アヤソフィアは博物館ですが、ブルーモスクはイスラム教の礼拝堂。
入場料は取らず、自由に入れます。


ブルーモスク

ブルーモスク外観

イスラム教のモスクに入る時は、女性は頭にスカーフをかぶって髪を隠します。
観光客用にも、入り口にスカーフがたくさんおいてありました。

スカーフ


イスラム教では、
豚肉は食べないアルコール飲まないラマダンと呼ばれる一ヶ月に及ぶ断食(日が昇ってる間は水も食事もとらない)、毎日の祈りがありますが、
信仰具合は人によってばらばら。

豚肉は絶対食べない!:多数
アルコール飲まない!:少数・・・


などなど。
中には豚肉を一度食べてみたい、といって、挑戦したトルコ人の友達もいました。



・・・もひとつびっくりしたのが、
SEXについて。

トルコ人女性は結婚するまでSEXしない、と聞いたものの、
マルタでのトルコ人たちの恋愛ゴシップは尽きないし、これも少数やろ~笑

と思いきや。

結構夜遊びの激しいトルコ人の女の子が、実は忠実に守ってたりします。

アルコールとる

アルコール大好きトルコ人



ブルーモスクができたのは1616年。
正式名をスルタンアフメット・ジャミイといって、内部があおい花柄のタイル(ユリやチューリップ、バラ)で飾られてるためにブルーモスクと呼ばれています。
床にはトルコ絨毯、精緻なステンドグラス。
6本ものミナレットをもつモスクは世界でここだけ。

ブルーモスクのなか



内部は静かで、幻想的な雰囲気ただよう美しいところでした。


キレイだね



モスクは時代や地域によって、その様式は必ずしも一緒ではありませーん。
歴史を知ることで、建物の魅力が全然違って見えますねー。

って私は全然わかってないんですけどね・・・

トルコ | 2008/01/18 09:23 | コメント(0)


外国人は珍しい
Turkey
トルコ<イスタンブール編③>


トルコの電車に乗るとき、
日本のような切符はありません。

電車のちけっと


かわりに使うのが、コイン!

トルコのお金ではなく、専用のコイン。

窓口でコインを買って、
そのコインを改札の投入口に入れてホームに入ります。

トルコの電車



パールヴィンの家は、イスタンブールの観光名所のアヤソフィアやブルーモスクのある場所からは結構~遠くて、電車で10駅以上、約45分くらい。


トルコ人の友達に、イスタンブールに行くよ、というと、
是非、うちに泊まりにおいで!と言ってくれます。

そいで、イスタンブールのどこ?
と聞くと、センターだ!としか言ってくれません・・・。

まあ、実際地名言われてもわからんけど。
観光名所に行きたいから、ほら、やっぱりね、近いほうがいいやん・・・。
イスタンブールは広いですー。

イスタンブール町並み



電車は当然、観光客よりもトルコの一般人が使うので、
アジア人な私はじろじろ見られます。

トルコはアジアとヨーロッパの境なので、
ヨーロッパからアジアへ向かう旅人、
アジアからヨーロッパへ向かう旅人が行きかい、入り混じっているイメージがあったので、ちょっとびっくり。


パールヴィンの家族はもちろん、ご近所さんも日本人を見るのは初めてで、すんごい興味をもたれます。

私が外で写真を撮ってると、
子供達は大集合するわ、ベランダからおばあちゃんも身を乗り出すわ・・・

このとおり。

初めてのアジアン

初めての日本人に興奮して集まるこどもたち


ご近所さん

ご近所さんも




トルコ | 2008/01/18 08:48 | コメント(0)


ゴージャス☆トルコの朝食
Turkey
トルコ<イスタンブール編②>

パールヴィン邸

朝5時にもかかわらず、トルコ人の友達パールヴィンが、朝から仕事のある兄に車を出してもらい、空港まで迎えにきてくれました。

パールヴィンの家は空港から10分ほど行ったところ。
初めてのトルコ、景色を見たいものの朝方なのであたりは真っ暗。

少し古いアパートメント。
日本のような玄関はないものの、みんな靴を脱いで家に入ります。

靴を脱ぐ習慣は、日本以外にあんまりないかと思ってたけど、
多くのトルコ人は靴を脱いで、家に入る習慣があるらしいです。

家の中は 絨 毯 が敷き詰められていて、
日本人には馴染み深い。

そういえばトルコも絨毯有名やんね~。

通された部屋はダイニングテーブルがある、メインの部屋。
既にソファベッドにシーツも準備されていて、すぐに就~寝っ。

べっど

この旅はじめてのベッド


朝になって(朝に寝たけど)朝食が準備されはじめる。
この朝食が、めっちゃゴ~ジャス!!


朝ごはんの準備

どんどこ出てきます。


トルコでは朝食をしっかりとるのが重要らしく、並べられたものは・・・

朝ごはん

☆朝食

・パン(2種類)
・バター
・チーズ(4種類)
・ジャム(2種類)
・チョコレートソース
・はちみつ
・オリーブ(2種類)
・ハム
・サラダ
・チャイ(紅茶)
・ジュース

わ~っ

これは客人が来たから、というわけではなく、
トルコでは当たり前らしいですよー。



そ、し、て~パールヴィンの家族とご対~面!
ごはんに目をとられてました・・・。


パールヴィンのままと

パールヴィンのママと、ターキッシュスタイルで


パールヴィンは5人兄弟の末っ子。
この家には両親と、兄夫婦、姉が住んでいるらしい。

らしい、というのは、他にも家があるらしく、
あっちへ泊まったり、こっちへ泊まったりしているそうです。

それにしても、兄弟の数が多い!!
人数も多いから食事の準備も大変やろなぁ・・・。

低血圧な私には朝っぱらからこんなに準備できそうもないですー。



トルコ | 2008/01/09 09:47 | コメント(0)



 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages 1


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。