尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


共同生活は大変・・・
マルタに来て2ヶ月以上たちましたが、
寮での共同生活は大変です。

私の通っているECスクールにはいくつか学校寮があり、
ECスクールが契約して一般アパートを借りてるって感じ。

それぞれのメリットデメリットがあって、
学校から近い・遠いとか、キレイ・汚い、広い・狭い。

きっちん


私の寮は、バレービューというアパートで、
マルタのスウィーキ(マルタ人はスウィーイと呼びます)という場所にあり、学校まで徒歩10~13分。

その名のとおり、谷沿いにあり眺めはGOOD。

ばるこにー


行きは下りなので早いけど、帰りは坂道が続くので大変です。
気温が40℃を超えた日々は、ひたすらうつむいて汗だくで帰ります。

その代償か、アパートは無駄に広く、綺麗~☆

私のアパートは5階あって、
各階に4~5部屋あり、それぞれ最大8人~10人が住むことになります。

来た初日は廊下の広さにびびりました。
なんじゃこら~って。

りびんぐ


バルコニーも広くて、1階から5階までが階段状にあるので、
バルコニー越しに友達と会話したりするのが楽しかったり♪


そう、寮のメリットは、友達がたくさんできるということ。

若いめんばー
左からトルコ人、日本人、スウェーデン人、韓国人


リビングにいると、誰かが来ておしゃべりしたり、
テレビ見てたり、宿題してたり、コミュニケーションがとりやすい!

なのです~ぐ人が人を呼んでパーティ状態になります。

自分が楽しんでるときは楽しいんやけど、
他人がパーティやるとうるさいんだなーこれが。

それに今留学に来てる子は全体的に10代後半から20代前半。
それに留学させてもらえるだけあって、お金持ち多数。
なので、基本的に家事が苦手なようで、
食器を洗うとか、テーブルをフキンで拭いて綺麗にするとか、
出来ない子が多いです。

もちろんちゃんと綺麗にする子もいますが、

日本人からすると、欧州人は雑すぎ!!
欧州人からすると、日本人は細かすぎ!!
なんやろーけどね。

そういうナショナリティの違いから、
大人数での共同生活はうんざりしちゃいました・・・。

人の買った食べ物を勝手に食べるとか、
リビングに洗濯する前の服を脱ぎ散らかすとか、
(なぜ自分の部屋で着替えない??)
共同のバスルームなのに私物を大量に置いて、ハブラシが置けなくなるとか、
バスルームが水浸しだったり、靴のせいでドロだらけなのに掃除しないとか、
(なぜかトイレの足元にブラジャーが落ちてたり)
トイレットペーパー買わずに人のしか使わないとか・・・。

おかげで小さい冷蔵庫にあふれていた食料品が、
今やすっかり最小限の食料品しかなく。

そう、勝手に食べられるからみんな買わなくなった!!

れいぞうこ②
ガラガラになった冷蔵庫

あまりにも酷かったので、黙ってるわけにいかず、
冷蔵庫を部屋ごとにセパレートして、
自分の物意外は食べるな!!と張り紙を作りました。

れいぞうこ①


被害は私だけでなく、犯人は手当たり次第の模様・・・。

トイレットペーパーも、初めはそれぞれ自分の分を置いて、
基本的に自分の買ったペーパーを使うという、
信頼のもとに置いていたものだけど、
今や誰もペーパーを置かない・・・。
自分の部屋から持っていくしかない状況。

私もさんざん物を食べられ、盗られて、毎日不快な思いをしました。
7人それぞれに私の『塩』知らない?と聞くのも大変。

それもこれもある一人のロシア人の問題児が来てから。

彼女は学校に行かずに、毎晩夜遊びにだけ外出し、生徒以外の男を連れ込んだり。

朝起きて、部屋の戸を開けて、ドレッドヘアの男が立ってたときはびびった!!

これじゃあ、部屋のドアにカギがない私たちの部屋は、
泥棒に好き勝手やられても、泣くことしかできない。
(各階の入り口のドアにはカギがあるけど、部屋にカギはありません)

学校のスタッフに彼女をどうにかしてくれ、
いつ部屋のものを盗られてもおかしくない!
と相談しても、

「まだ部屋のものは盗られてないんでしょ?」

で終わり。
起こってからじゃ遅いんだっつーの。

ちなみに彼女の部屋に、シェアメイトとして新しく入居した生徒は、
一日も耐えられず、泣いてスーツケースを抱えてどこかへ行ってしまいました。

そう、問題児はシェアメイトが寝ている間に男を連れ込んだ!!
何をしてたかは、泣いていた彼女を見て想像がつく。

問題児に、なんでシェアメイトがいるのに男を連れ込むんだ?
って問いただすと、
「だってシェアメイト寝てたんだもん」

水を買わない問題児に、なんで自分の水を買わないって聞いたら、
「だって重くて持てないんだもん」

あなたの毎日飲んでるお酒のビンと同じ重さなんだけどねー。
と思ったものの英語が出てこなくて言えずじまい。

あきれてものもいえません。

アパートを変わる事も考えたけど、
一人の問題児のために私が動くなんてヤダ!!

それに私のシェアメイトとは上手くやってるから。

それに、他の階の友達の部屋に遊びに行って、
自分の部屋に帰るのにたった20秒で帰れるお手軽さ!


VV
左から日本人、トルコ人、イタリア人、スウェーデン人
このメンバーの時が一番平和だった・・・




憧れの寮生活。

その憧れの寮生活も、多すぎる人数では問題が多すぎる。
ただでさえ違うナショナリティ。

男の子だけの階はもー、悲惨だそうです。

もう二度とできない寮生活だから、嫌な事は忘れて、もーちょと楽しみま~す!

スポンサーサイト






ヒーさん、がんばってるなぁ。
ってか、何かこの状況どこかで見た様な…(笑

るんるん | URL | 2007/08/20 19:15 [編集]




:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。