尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


マルタとの別れ
さてー、大変お待たせしました。
マルタに戻ってきて落ち着いてきたので、ぼちぼち更新してこうと思います。

旅に出発するってことで、3ヶ月を過ごしたValley Viewアパート(学校寮)ともお別れです。

ばれーびゅー

広いリビングだったので、誰かしらパーティしてました。
右のかわいー人は私の先生でした。


私のルームメイトのHaticeも同じ日にスウェーデンへ帰りました。

色々問題あったアパートだったけど、
最後までHaticeと過ごせて楽しかった。

Haticeは41歳(22歳、19歳、17歳の子持ち!)で、
トルコ人だけど、スウェーデンに住んでます。

時にゴハンを作ってくれたり、
風邪で具合のよくない私に食事やフルーツを持ってきてくれたりと母親のよう。

でも私が39度近い高熱を出した時に彼女は、
「あら、意外と熱ないわね、これなら大丈夫よ、すぐ治るわね!」

・・・熱ないわね、ってぇぇぇぇ。
高熱なんです私にしたら・・・。
それともトルコ人もしくはスウェーデン人は平均体温が高いんかぁ?

そういえば、こんなこともあったなぁ。

「私ポエム作ったの、聞いてくれる?」

なんて恥ずかしがりながらも見てほしくてたまらな~い!
といった少女のような一面を見せる41歳Haticeでした・・・。

偶然にも、彼女の息子が日本が好きで、2年後くらいに日本に来る予定らしい。
めっちゃ顔濃い(母親いわくハンサムマン)その息子と日本を歩ける日がほんとに来るんかな・・・?

Haticeとの最後の抱擁は忘れません!!
とくに彼女の計り知れない大きなバストとおなかの温もりは・・・笑


そんなかわいい41歳、Haticeが言いました、

「私たちチャーリーズエンジェルみたいね!」


ちゃーりー
にアジアンな私がルーシー・リューだとして・・・どっちがキャメロン・ディアスでドリュー・バリモア・・・?



・・・ごめんなさい。







スポンサーサイト







:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。