尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


ゴージャス☆トルコの朝食
Turkey
トルコ<イスタンブール編②>

パールヴィン邸

朝5時にもかかわらず、トルコ人の友達パールヴィンが、朝から仕事のある兄に車を出してもらい、空港まで迎えにきてくれました。

パールヴィンの家は空港から10分ほど行ったところ。
初めてのトルコ、景色を見たいものの朝方なのであたりは真っ暗。

少し古いアパートメント。
日本のような玄関はないものの、みんな靴を脱いで家に入ります。

靴を脱ぐ習慣は、日本以外にあんまりないかと思ってたけど、
多くのトルコ人は靴を脱いで、家に入る習慣があるらしいです。

家の中は 絨 毯 が敷き詰められていて、
日本人には馴染み深い。

そういえばトルコも絨毯有名やんね~。

通された部屋はダイニングテーブルがある、メインの部屋。
既にソファベッドにシーツも準備されていて、すぐに就~寝っ。

べっど

この旅はじめてのベッド


朝になって(朝に寝たけど)朝食が準備されはじめる。
この朝食が、めっちゃゴ~ジャス!!


朝ごはんの準備

どんどこ出てきます。


トルコでは朝食をしっかりとるのが重要らしく、並べられたものは・・・

朝ごはん

☆朝食

・パン(2種類)
・バター
・チーズ(4種類)
・ジャム(2種類)
・チョコレートソース
・はちみつ
・オリーブ(2種類)
・ハム
・サラダ
・チャイ(紅茶)
・ジュース

わ~っ

これは客人が来たから、というわけではなく、
トルコでは当たり前らしいですよー。



そ、し、て~パールヴィンの家族とご対~面!
ごはんに目をとられてました・・・。


パールヴィンのままと

パールヴィンのママと、ターキッシュスタイルで


パールヴィンは5人兄弟の末っ子。
この家には両親と、兄夫婦、姉が住んでいるらしい。

らしい、というのは、他にも家があるらしく、
あっちへ泊まったり、こっちへ泊まったりしているそうです。

それにしても、兄弟の数が多い!!
人数も多いから食事の準備も大変やろなぁ・・・。

低血圧な私には朝っぱらからこんなに準備できそうもないですー。


スポンサーサイト

トルコ | 2008/01/09 09:47 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。