尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


豚肉食べない、お酒は飲む・・・
Turkey
トルコ<イスタンブール編④>


パールヴィンの彼氏も合流して、まずは有名なアヤソフィアへ。

私はもちろん初めてだから中に入るけど、
二人は行ったことあるやろし、外で待っててもらおかなーと思ったら。


なんとトルコ人は入場無料!

アヤソフィア外観

アヤソフィア外観

アヤソフィアの内部は広く、古い建物。

元々は東ローマ帝国のキリスト教の大聖堂。最初の聖堂は360年建立、
のちに何度も再建され、基本的な構成は537年に建設された当時のまま。

モザイク


壁面は多色の大理石と金地モザイク!
1453年にアヤソフィアはイスラム教のモスクとなったものの、
オスマン帝国はモザイクを破壊せず、漆喰で塗りつぶしていた。

だいぶ古いアヤソフィア


そのオスマントルコ時代に塗られた漆喰を剥がす工事が今も行われ、
東ローマ帝国時代のモザイク壁画が見ることができます。

修復中


二人とアヤソフィア




アヤソフィアを出てすぐ正面に見えるのがブルーモスク。
徒歩5分の近さに位置してます。

アヤソフィアは博物館ですが、ブルーモスクはイスラム教の礼拝堂。
入場料は取らず、自由に入れます。


ブルーモスク

ブルーモスク外観

イスラム教のモスクに入る時は、女性は頭にスカーフをかぶって髪を隠します。
観光客用にも、入り口にスカーフがたくさんおいてありました。

スカーフ


イスラム教では、
豚肉は食べないアルコール飲まないラマダンと呼ばれる一ヶ月に及ぶ断食(日が昇ってる間は水も食事もとらない)、毎日の祈りがありますが、
信仰具合は人によってばらばら。

豚肉は絶対食べない!:多数
アルコール飲まない!:少数・・・


などなど。
中には豚肉を一度食べてみたい、といって、挑戦したトルコ人の友達もいました。



・・・もひとつびっくりしたのが、
SEXについて。

トルコ人女性は結婚するまでSEXしない、と聞いたものの、
マルタでのトルコ人たちの恋愛ゴシップは尽きないし、これも少数やろ~笑

と思いきや。

結構夜遊びの激しいトルコ人の女の子が、実は忠実に守ってたりします。

アルコールとる

アルコール大好きトルコ人



ブルーモスクができたのは1616年。
正式名をスルタンアフメット・ジャミイといって、内部があおい花柄のタイル(ユリやチューリップ、バラ)で飾られてるためにブルーモスクと呼ばれています。
床にはトルコ絨毯、精緻なステンドグラス。
6本ものミナレットをもつモスクは世界でここだけ。

ブルーモスクのなか



内部は静かで、幻想的な雰囲気ただよう美しいところでした。


キレイだね



モスクは時代や地域によって、その様式は必ずしも一緒ではありませーん。
歴史を知ることで、建物の魅力が全然違って見えますねー。

って私は全然わかってないんですけどね・・・
スポンサーサイト

トルコ | 2008/01/18 09:23 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。