尼崎からあっちへこっちへ

住み慣れた尼崎から出て暮らした事もないぺーぺーで、地中海に浮かぶ小さなマルタ共和国で留学を中心に、 ヨーロッパ放浪と、ジンバブエへの楽器の修行を遂行しました。

09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/-- --:--


旅はじめの、別れと再会
Turkey
トルコ<エディルネ編②>

ディララ邸
2007年9月5日(水)


イスタンブールを18:00に出発。

バス車内では出発してすぐに、紙コップとコーヒーが配られた。

外は真っ暗に広がる草原と、空の暗闇におされながら落ちていく夕日で、
少し心細くなった。

にぎやかな家族を思い出しながら。

パールヴィンままたちと


予定ではエディルネ(Edirne)には20:30到着。
都心のイスタンブールを抜け、ギリシャ、ブルガリアに近いエディルネへは、
特に渋滞のようなものはなかったのにもかかわらず、
30分遅れでエディルネのバスターミナルへ到着。

バスの窓から1ヶ月半ぶりの再会となる、ディララが待っていてくれた。

たった3時間一人になっただけなのに、
心寂しかった私は、バスから駆け下りて、ディララのもとへ走った!!

「Welcome to Edirne!!」

トルコ人の挨拶、ホッペを交互に2回あわせて、ディララと抱擁。

「バスはなんで遅れたの??」
と聞かれたけど、わかるはずもなく・・・。

ディララはパパと一緒に迎えてくれた。
ザックをパパが持ってくれ、車へと向かう。

ディララに彼女のボーイフレンドが迎えに来てくれた、ありがとう、と伝えるとディララは、
「無事に会えてよかった、家族にはボーイフレンドのことは内緒ね!」

ディララは19歳、ボーイフレンドは29歳(くらい)ってことで、
家族には内緒らしかった。

ディララとヴァレッタ


そういえばまだディララはまだ19歳・・・!
彼女はトルコ人にはめずらしい、ブロンドヘアの持ち主。
エキゾチックな外見なのに、真面目で、面倒見がいい。


マルタ在住時、19歳のクレイジーロシア娘にうんざりして、
「19歳やから仕方ないか・・・」とあきらめ声で言ったとき、
ディララがとなりで、
「私も19歳だけど、そんな振る舞いはしない!」
と言ったことがあったなぁ・・・。


そんなことも思い出しながら。
パパの運転で、ひとまずディララの家へ向かう。

ディララの家は、近代的で新しいマンション。
周辺の道路は広く、郊外の新興住宅地っぽい。
イスタンブールのパールヴィン邸とはガラっと変わった雰囲気。


スカーフを頭に巻かない近代的な服装のディララのママが笑顔と大きな声で家に迎えて入れてくれた。
共に、恥ずかしげに顔を見せた、ぽっちゃりめの弟、
日本語を勉強しているというディララのいとこも一緒に待っていてくれた。


ディララの家も、やはり日本と同じように靴を脱いで入る。
でも日本のような、玄関と廊下を隔てるような段差や仕切りはない。
入ってすぐに靴を脱いで、下駄箱へしまう、といった感じ。

そこもまた、来るまでは知らなかった、
親近感のわく、トルコの文化。



スポンサーサイト

トルコ | 2008/06/23 22:10 | コメント(0)






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


プロフィール

ヒー

Author:ヒー
英語と旅とムビラの初心者ですが、度胸はつきました。


Page Selector

記事の順番で見れます。

TOTAL Pages


最近の記事


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のコメント


英語に翻訳

当然、関西弁は翻訳されないのがおもしろいのです。


今週のよてい


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


FC2カウンター


QRコード

携帯電話からも見れますー。

QRコード


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。